お肌も体も心も整えられる!女性の美をつくる女性ホルモンを今日から攻略しよう!

関ジャニ∞がコンサートでただ今、沖縄上陸中!

車で10分圏内に関ジャニ∞がいることに興奮しすぎて吐きそうなchikaです!

(旦那が横で気持ち悪いと言っていますが、何も入ってきませんw)


って、私の結論が出ない話はさておき、

今回は、女性の美をつくる女性ホルモンをテーマに記事を書きたいと思います。


毎日のキレイや元気の近道とは?

「すっぴん美人になりたい」「ダイエットして体重を減らしたい」「いつまでも若く見られたい」...。

女性なら、誰でもこのような願いを持っていますよね。(もちろん、私もこの一人wダイエットの意気込みだけは毎日口にしているような・・・笑)


今回ご紹介するのは、そんな女性たちの願いを叶えるために必須の物質「女性ホルモン」について。

実は、女性の体・心・お肌は、女性ホルモンの影響をかなり受けています。

女性ホルモンを攻略することが、毎日の”キレイ”や”元気”の近道だと専門家は口を揃えて仰るのです!!


ふたつの女性ホルモンの秘密

では、女性ホルモンはどこから分泌されると思いますか。

女性ホルモンは”卵巣”から分泌されるんです。

そして、卵巣から出ている女性ホルモンは2種類あります!

ひとつは、”エストロゲン(卵胞ホルモン)”、もうひとつは、”プロゲステロン(黄体ホルモン)”というホルモンです!(なんとも、噛みそうな名前ですw)

このエストロゲンとプロゲステロンは、それぞれ異なる動きをしていて、一言で表すとこんな感じです!

エストロゲンは、女性らしさをつくるホルモン。
プロゲステロンは、妊娠を助けるホルモン。

このふたつの女性ホルモンは、妊娠・出産の準備のため、全身をめぐり毎月の生理(月経)や体調に大きく影響を及ぼしています。

生理痛、生理不順、肩こり、疲れ、冷え、むくみなどの身体の不調はもとより、お肌をピカピカにしたり、いや~な吹き出物できたりといった肌の調子も女性のホルモンの影響です。

さらに、やせにくい、太りやすいなどのダイエットや、イライラ・落ち込み・うつっぽいなどの心の症状にも、女性ホルモンが影響しているのです。


女性ホルモンを攻略するには??

女性の体・心にはひと月のサイクルで、いろいろな変化が起きます。

なせなら、女性ホルモンが生理周期に応じた働きをしているからなんです!

今回は、生理周期を一週間ごとに、”生理周期” ”ハッピー期” ”ニュートラル期” "PMS期”と分けて解説していきますね。

*生理期*(生理開始1日目~7日目が目安)

生理中は、エストロゲン・プロゲステロンともに分泌が少ないため、体も心も憂うつに。生理通やむくみなどのトラブルがありますが、体のリセットと考えて、無理はせずリラックスした状態を保ちましょう

*ハッピー期*(生理開始8日目~14日目が目安)

生理後は、女性を美しくするエストロゲンの分泌が最高に。この時期はひと月のうちで体も心も絶好調でお肌もツルツルになります。大事な予定を立てる際は、この時期を狙うといいでしょう。また、ダイエットの効果が高いのも生理終了から2週間のあいだと言われています。

*ニュートラル期*(生理開始15日目~21日目が目安)

体も心も穏やかで、安定して過ごせるニュートラルな時期。自分と向き合い、内面を磨くにはピッタリ。また、一般的に排卵が起きやすい時期とも言われています。

*PMS期*(生理開始22日目~28日目が目安)

プロゲステロンがたくさん分泌され、体・心・肌が不安定になるPMS(月経前症候群)や便秘、イライラ、吹き出物などのトラブルが起きやすい時期。不安定な自分を受け入れて、リラックスできる方法を見つけよう!


最後に

ひと月の体や心のサイクルを知ると、事前の心構えができていいですよね。

「今、不調かも」と思ったら無理はせず、心も体もリラックスできる状態にもっていくことを優先的に考えてみるのはいかがでしょうか。


cihka


▼セルフケアに関する記事はこちら▼

働く女性のキャリアを研究するWebメディア『UP BIJIN』

活躍女性のキャリアを読み進めることで、活きるヒントが見えてくる!! UP BIJINでは仕事や育児など、様々な場面で頑張る女性たちにインタビュー。 人生の選択・決断から見える女性たちの物語をぜひ、お楽しみください!

0コメント

  • 1000 / 1000