女性は働き方で1億円の差がひらく!私達はどちらを選べば良いのか。

こんにちは、ライフキャリアスタイリストのchikaです!!

本日は、働きながら子育てをされている女性なら一度は通る大きい壁。

『出産後の働き方』について、記事を書きたいと思います。

1億円の差。生涯賃金から比較する正社員とパート

「一億円失いたい?それとも稼ぎたい?」
あるニュースでこんな比較がされていました。
30歳で正社員を手放した女性は、育休後パートで復帰したとしても、65歳まで正社員として勤務し続けた女性に比べて生涯賃金が1億円以上も少なくなるそうです。これは、あくまでも平均の話なので、会社によってはそれ以上の差があるかもしれません。

衝撃的な数字ですよね。差があることは知っていましたが、ここまでとは正直思いませんでした。

その一方で、今この瞬間の忙しさや支出の大きさを目の当たりにし『働き方をゆるめたい』と思われる方もいらっしゃると思います。パートや非正規雇用であれば、融通もききやすいし、時間にもゆとりがでます。

ですので、どちらが良いとは一概に言えません!!

ただ、今後のキャリアや生涯賃金に大きな差が生まれてしまうことを念頭に置き、じっくり検討・選択する必要があると感じます。

一人で悩まず、賢く活用。

また、最近は、女性活躍推進法が追い風となり、産休・育休をはじめ、時短勤務や企業内に託児所(保育所)を設置する企業も増えております。(今後はもっと増えるでしょう)

更には、ベビーシッターや仕事ブランクのある女性向けに特化した転職支援サービスなども増加傾向にあります。

こういった、会社の福利厚生や外部のサービスを活用していきながら、“働く”ד子育て”を両立されているママさんも沢山いらっしゃるそうです。

子供は日本、いや世界の宝ですので、1人で抱え込まず、家族やまわりの方へ相談したり、お勤めの会社やお住まいの地域・民間などの子育て支援について情報収集を行うことで、不安も少しは軽減できるのではないでしょうか。


もちろん、将来やりたいことや家庭の状況を考慮に入れて、あえて正社員ではない働き方を選択することも一つの手段だと思います。最近では、出産や育児を機に、起業にチャレンジする人も増えているそうです。

最後に


将来、どうゆう人生を歩んでいきたいのか。その為に何をするべきなのか。

節目節目でしっかり考えていきたいものです。


ライフキャリアスタイリスト chika

働く女性のキャリアを研究するWebメディア『UP BIJIN』

活躍女性のキャリアを読み進めることで、活きるヒントが見えてくる!! UP BIJINでは仕事や育児など、様々な場面で頑張る女性たちにインタビュー。 人生の選択・決断から見える女性たちの物語をぜひ、お楽しみください!

0コメント

  • 1000 / 1000