8/12募集締切!まだ間に合う!うるま市を全国にPRする、「ミスうるま」になりませんか。

こんにちは。ライフキャリアスタイリストのchikaです(^_-)-☆

突然ですが、皆さんのお住まいor勤務先はどちらですか。

那覇市?浦添市?宜野湾市?沖縄市?

もしくは、

うるま・・・市?


偶然にもうるま市だよ!という方は運命かもしれない。

いや、確実に運命・・・。


実は、皆さんの住んでいる、もしくは勤務先である

うるま市を全国にPRする、2016ミスうるまの募集が始まっているのです‼

しかも、今年度は締切日を延長して8月12日(金)まで。※消印有効

残り2日。正味、1日www


残り2日で何ができるのと思われるでしょう。

人前で話すなんて自分には無理と思われるでしょう。

というか、何のメリットがあるのと思われるでしょう。


安心してください!

元ミスうるまのメンバーが疑問や不安を解消してくれますよ。

ぜひ、最後までお付き合い頂けると嬉しいです(^^)/



今回、インタビューにお答え頂いたのは、2010ミスうるま古謝わかなさんです。

うるま市具志川出身
2010ミスうるまグリーン、第29代泡盛の女王
ミスうるまをきっかけにラジオパーソナリティを始め、現在はラジオパーソナリティ、ブライダル・祭り・イベント・式典の司会をしている


ミスうるまって何をやっているの??

ミスうるまに選出されますと、1年間うるま市の観光親善大使として活動します。うるま市内の祭りや式典への参加や、県内外のイベントでうるま市をPR、国外の物産展へも行きました。

・台湾・埼玉県・静岡県・久米島など

(年間26件、40日)

また、TVラフピーでハイキングウォーキングのお二人とうるま市のPV作成、FMうるまで1年間番組をもたせていただきました!

(出典:fmuruma.com)

ミスうるまの魅力と成長できることは??

私は、うるま市に生まれ育ちましたが、うるま市のことを全く知らなかったです。

しかし、ミスうるまになれたことで、うるま市の魅力(観光地や物産、伝統、文化、人の温かさ)を感じること、発見することができました。更にうるま市が大好きになりました。

また、人前に出ること話すことが大の苦手だった私が、ミスうるまになり大舞台で何万人の前でスピーチをすることができたのは、うるま市の魅力を知り沢山の方々にうるま市を知ってもらいたいという気持ちから、できたことだと思います。

(出典:ミスうるまfacebookページ)

ミスうるまにはどうやったらなれるの??

まずは、8月12日(金)までにエントリーシートをポストに投函しましょう!!

下記に詳細を記載しますね♪

【選出人数】3名

ミスうるまカトレア・ミスうるまスカイブルー・ミスうるまグリーン(各1名)

【応募資格】

・うるま市に在住もしくは、勤務している満18歳以上の未婚の女性

・ミスうるま2016選出大会以降、1年間うるま市のPR及び公式行事に参加できる方

【応募期間】

平成28年7月1日(金)~ 平成28年8月12日(金)まで

【審査方法】

第1次審査/平成28年8月18日(木)書類選考(非公開)

第2次審査/平成28年8月28日(日)面接(公開審査)

      審査会場:イオン具志川店特設ステージ(2Fイベント会場) 

(出典:ミスうるまfacebookページ)

【申込先・お問い合わせ】

下記(1)~(3)まで申込用紙に必要事項を記入し、郵送もしくはご持参下さい。

(1)〒904-2427 うるま市与那城屋平4番地先

うるま市観光物産協会

電話番号:098-978-0077

FAX番号:098-978-1177

Email:info@uruma-ru.jp

(2)〒904-2292 うるま市みどり町一丁目1番1号

うるま市役所経済部商工観光課

電話番号:098-923-7634

FAX番号:098-923-7623

(3)〒904-1192 うるま市石川石崎一丁目1番1号

うるま市役所 石川出張所1階 窓口サービス課

※応募のみ!(お問い合わせは、(1)または(2)までお願いします)

(1)に関しては、メールで応募可能

郵送の場合は、締切日消印有効。直接お持ちいただく場合は、平日午前9時~午後5時まで。

ご応募いただいた書類は、返却いたしませんのでご了承ください。

【賞金】

選出された3名に賞金5万円、たて、認定証、副賞(イオン商品券3万円分)を贈呈。

第一次審査通過者の第2次審査参加者に参加賞として1万円を贈呈(選出されたミスうるま3名を除く)

【応募要項・申し込み書(ダウンロード)】まずは、ここをクリックすることから♥

うるま市のWebサイトよりダウンロードができます。


ミスうるまになる為に努力したことは??

正直、努力していませんでした。笑

初めての応募で、何をやっていいのか分からなかったからです。

選出大会当時の私は、場違いだと思い、会場のトイレに逃げていました。

そして、私の出番になってもマイクの前では緊張のあまり、声が震え何も話せず、、、という状況。

そんな中、審査員から質問が!

「履歴書の特技に、モノマネと書かれていますが、何か一つモノマネをしてください」

私は、沢山あるモノマネレパートリーから、十八番の「スーパーに売っているサンタクロースのモノマネ」を披露しました....。


すると、会場内は大爆笑!!

そこで、私の面接は終了しました。


ハッキリ覚えていませんが、審査員からの質問は一つか二つだったと思います。多分、緊張しすぎている私に、質問ができる状況ではなかったのかもしれません。

それでも、私は名前を呼ばれ、見事ミスうるまに選出されたのです。


今思えば、背伸びもせず、ありのままの自分でいれたと思います。


後ほど審査員の方々に話を伺いましたら「とても緊張していたのに、ここぞというときにやってくれた!この子は変わるかもしれない、将来性を感じた」など、嬉しい言葉をいただきました。

(出典:ミスうるまfacebookページ)

最後にメッセージをどうぞ!

私の人生のターニングポイントは、ミスうるまになったことです。

あんなに上がり症で、人前で話すことができなかった私が、今では人前で話す仕事をすることができるのは、ミスうるまになれたおかげです。

うるま市のことを知ることができ、うるま市が大好きになり、ミスうるまだからできる経験や、ミスうるまだから出会えた人。

そして、ミスうるまになれたから、今の自分がいます。

もし、迷っている方や気になっているけど自分なんかがなれない、、、と思っている方がいましたら、気楽に一歩進んでみませんか。


緊張しすぎて、うまく話せないかもしれない。。。


それでも、いいんです!


今のあなたで、いいのです。


その一歩が、あなたの未来を変えるキッカケになるかもしれません(*^_^*)

(出典:fmuruma.com)

ー わかなさん、素敵な言葉の数々ありがとうございました(^^)/

私が応募したくなりましたww


実は、わかなさん以外の元ミスうるまの皆さんからもメッセージが届いていますので、ご紹介しますね!!


瀬良垣 さやか さん(2010ミスうるま)

こんにちは。元ミスうるまの瀬良垣さやかです。

一年間ミスうるまとして活動して、ほんとにたくさんの人と出会い、様々な経験ができました。ミスうるまになって、うるま市について深く勉強するようにもなり、地元の人の暖かさも感じた一年でした。一緒にミスうるまとして活動したメンバーとは今でも仲良しです。

濃い一年間を過ごすことができて、応募してよかったなと思います。

皆さんも是非、気軽な気持ちで応募してみてください!


栄門 千夏 さん(2010ミスうるま)

元ミスうるまの栄門千夏です。

私はミスうるまになって、色々な経験をさせてもらいました。

地元うるま市の事も勉強し、県外の方へのPR活動もおこない本当に貴重な体験ができました。

行く先々での出会いもわたしにとっては新鮮で私自身も成長できた1年を過ごすことができました。

ミスううるまになって本当に良かったと思っています!


名護 愛 さん(2012ミスうるま)

はじめまして、2012ミスうるまの名護愛です。

突然ですが、今の自分に満足していますか。

私は満足していませんでした。

でも、何ができるか分かりませんでした。

そんな時、ミスうるまに応募しました。

ミスうるまとして、うるま市の魅力を伝えるという任務を通して今まで行ったことがない

場所に訪れ、多くの出会いがあり、かけがえのない経験ができました。


そのおかげで自分の弱みそして強みを知ることができた私は、ミスうるま任期終了後、

2014ミス沖縄の道を開きました。


チャンスは目の前にあるのに見ないふりなんて、もったいない。

次はあなたの番です。私があなたの背中を押します。ポン。


ー 瀬良垣さん、栄門さん、名護さん、心温まるメッセージ

ありがとうございました(^^)/


今からでも確実に、間に合います!

迷っている方がいましたら、まずはエントリーシートを出してから考えてもいいと思います(^^)/

ぜひ、募集要項をダウンロードするところからでも始めてみませんか。


ライフキャリアスタイリスト chika





働く女性のキャリアを研究するWebメディア『UP BIJIN』

活躍女性のキャリアを読み進めることで、活きるヒントが見えてくる!! UP BIJINでは仕事や育児など、様々な場面で頑張る女性たちにインタビュー。 人生の選択・決断から見える女性たちの物語をぜひ、お楽しみください!

0コメント

  • 1000 / 1000