睡魔に勝てる!仕事中や運転中に効果的な眠気覚ましの方法4選

どんな場所でも寝れます笑。

ライフキャリアスタイリストのchikaです!


皆さんも経験ありませんか。

仕事中や運転中に睡魔におそわれたこと。

私は、お昼を食べた後の1時間が猛烈に眠いです!!

そこで、いろいろな方法を試した結果。下記の4つの方法が効果的だと判明!

本日はその「効果的な眠気覚ましの方法4選」をご紹介したいと思います♪


清涼感のあるものをとにかく摂取!

タブレット菓子

ミンティアやフリスク、ガムなども眠気目覚ましの定番。1粒ではスッキリしない時は数粒まとめて食べてみると目がシャキッとしてくれます。

また、何か食べ物を噛むという動きは、脳を覚醒させ作業効率を上げるそうです。

目が覚めるだけでなく頭の回転も良くなるなんて仕事中や勉強中にぴったりですね。

!オススメ!

・MINTIAメガハード

・MINTIAドライハード

・ロッテ ブラックブラック

※食べ過ぎ注意!私は、食べ過ぎるとくしゃみが止まらなくなります笑。

炭酸飲料

しゅわしゅわとした炭酸は口や喉への刺激による目覚まし効果を期待!

炭酸には胃壁を刺激して血流や胃酸の分泌を促して、内臓を活発にさせ目を覚まさせるという働きもあるそうです。

また、エナジードリンクが炭酸を含んでいる物が多いのも、こういった炭酸飲料ならではの効果があるからだそうです♪

コーラや一部の炭酸飲料にはカフェインも含まれているので、眠気覚ましにはぴったり(*^^)v

電車の運転手も実践している眠気覚ましの裏ワザ!

以前、NHKで放送されていた。電車の運転手さんの間で代々伝わる眠気覚ましの方法。

それは、5秒間、腰を1cm上げるのを三回繰り返す!

とてもシンプルですが効果は絶大(*^^)v

運転中の方は、停車をしてから。

仕事中の方は、バレないようにこっそり。

ふくらはぎに力を入れることで、足の血液を脳に押し上げるらしいです\(^o^)/

ツボを押しまくる!

体中にあるツボには、眠気を覚ましたり、眠気の原因となる疲労感を取り除いてくれるツボがたくさんあります♪

そのなかでも、会社や学校でもちょっとした空き時間にツボ押しができるツボをご紹介!

晴明(せいめい)

目頭の上の少しくぼんだ部分が晴明のツボ。鼻筋を挟むようにして片手の親指と人差し指をあて、垂直にグッと押します。

目が疲れた時に無意識にここを押していた方もいるのではないでしょうか?

晴明は眠気覚ましの他に目の疲れにも効果があるので、デスクワークや長時間の運転で目が疲れた時にもおすすめのツボです。

中衝(ちゅうしょう)

手の中指の爪の生え際から、親指側に3ミリ程度外側にあるツボ。グッと強めに押して刺激するのがポイント。

強力な眠気覚まし効果があるほか、イライラを鎮めてくれる効果も期待できます。

合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨の延長戦が交差する部分にあるくぼみが合谷です。

全身の疲れや痛みを和らげる効果があり、

・万能のツボ

・最強のツボ

と呼ばれることもあります。

眠気覚ましの他、目の疲れを取る効果も。

労宮(ろうきゅう)

手を握って拳を作った時、中指と薬指があたる部分が労宮です。反対の手の親指の腹を使って、気持ち良いと思える程度の力でこりをほぐすように押します。

眠気を取したい時や疲労感をやわらげたい時におすすめのツボです。

(引用元:http://josei-bigaku.jp/)

いっそのこと、仮眠をとる!

あまりの眠気で起きているのが耐えられなくなったら、いっそのこと仮眠をとろう!

仮眠を取ることで眠気と疲労感がリセットされ、辛い眠気を吹き飛ばすことができます。

ただ、仮眠を取る時は30分以上寝ないこと!

眠り始めてから30分以上立つと眠りが深くなり始め、起きるのが辛くなったり寝起きに体のだるさを感じて逆効果になってしまうそうです。

仮眠によって疲れや眠気を取りつつスッキリ起きるには、15~30分が適当とされています。これくらいを目安にアラームや目覚まし時計をセットしておこう。

また、起きられる自信がない時は眠る少し前にカフェインを摂っておくのがおすすめ。

カフェインが効き始めるまでには30~40分かかるので、寝起きがスッキリしやすくなります。

脳に入ってくる情報のほとんどは目からと言われており、目を閉じて横になっているだけでも十分疲れを取ることができるそうですよ\(^o^)/

最後に

いかがでしたか。仕事中や運転中に睡魔におそわれたらぜひ、お試しあれ~\(^o^)/


ライフキャリアスタイリストchika

沖縄女性のライフとキャリアを面白くする『 UP WOMAN 』

人生をより楽しく、より面白く!

0コメント

  • 1000 / 1000