WORK RULES Vol.1/ WAKANA pro.代表 古謝わかなさん

古謝わかな
司会者、ラジオパーソナリティー、三線奏者として活動中。 過去には、2010ミスうるまグリーンや第29代泡盛の女王になるなど、沖縄の魅力を県内外へと発信する観光大使を務めた。また、ミスコンの選出大会審査員としての経験も持つ。メディア関連でも、多くのラジオ番組でパーソナリティーやリポーター、CMのナレーターとして活躍。エイサー祭りや、バーガーフェスタなどの賑やかな司会から、県のセレモニーや企業式典などの厳かな雰囲気の司会まで幅広い範囲での司会を務める。また、県内数多くの会場でブライダル司会者をして活動。モットーは「ひとつひとつの言葉を大切に」


わかなさんの3つのWORK RULES


1、常に挑戦
2、食べたいものを食べる
3、モウソウを楽しむ

なかでも、”常に挑戦”は意識して取り組まれているそうです。

幼い頃、芸能界に憧れを抱き、友達のノートに自分のサインをするほどだった、

わかなさん。

しかし、年を重ねるごとに夢を掴むことの難しさを知り

芸能人への夢を断念されたそう。


そんなわかなさんの転機となったのがミスうるまへの挑戦。

”ミスうるま”の募集を目にして応募したことを

きっかけにわかなさんのキャリアは大きく動いたそうです。


以前は、人前で話すことが苦手で、体も声も震えてうわずってしまう程

だったようですが、今では人前で話すことが楽しくてしょうがない。

失敗はもちろん怖いですが、まずは挑戦しないと何も始まらない。
そして、1人で抱え込まず周りに相談することも大切と言い切る。


わかなさんの3つWORK RULESから

「挑戦することの大切さ」

「失敗してもポジティブに捉えることの大切」

を学ばさせて頂きました。

わかなさん、ありがとうございました。


古謝わかなさんのオフィシャルブログはこちらから

働く女性のキャリアを研究するWebメディア『UP BIJIN』

活躍女性のキャリアを読み進めることで、活きるヒントが見えてくる!! UP BIJINでは仕事や育児など、様々な場面で頑張る女性たちにインタビュー。 人生の選択・決断から見える女性たちの物語をぜひ、お楽しみください!

0コメント

  • 1000 / 1000