【糸満・西崎】美味しいお魚を食べたいので「糸満漁民食堂」へ

ゴールデンウイーク真っ只中、

確実に混んでると分かっていましたが

どうしても美味しいお魚が食べたくて「糸満漁民食堂」へ。

案の定、12組待ち。

待ちながら、外観を堪能をすることに。

「糸満漁民食堂」の建物は琉球石灰岩を平積みにしたお城のような外観で、「JDCデザインアワード(社団法人日本商環境設計家協会)」や「GOOD DESIGN AWARD」

などの賞を受賞するほどのオシャレな建物。

到底、店名に食堂が入っているとは思えません笑


また、待ち人用の椅子や

お水なども用意されているので真夏以外であれば

待つのが嫌いな県民でも

待てるような感じのつくりにはなっています(^^)/


癖になる美味しさ。本日のイマイユバター焼き


待つこと40分。ようやく店内へ。

店内はテーブル席や座椅子がオシャレに設置され

こだわりを感じます。

席について、コンマ一秒で「本日のイマイユバター焼き定食」を注文。

行く前からこれにしようと、心に決めてました!

何の魚をバター焼きにするかは、種類を選べるので定員さんにいろいろ質問しながら決めていきました🎵

中でもお手頃価格のシューマチをチョイス。

魚は種類によって値段が変わりますが黒板に値段が記載されているので

とんでもない額が請求されることはありませんw。

魚の味付けは、うっちん・アーサ・豆腐ようからを選べ、私はいつものうっちんバターをオーダー。

定食には、本日の前菜とデザートもついてきます!

まずは、本日の前菜。

新鮮なマグロとカツオのたたき。

マグロは糸満漁民食堂オリジナルの「しびれ醤油」をつけて

いただきました。はい!うまい!


そして、待ちに待った

お待ちかねのメイン。

バターとガーリックの香りに完全にやられながら

お魚にかぶりつきます。

身はプリプリ、ふわっふわっ❤

頭や尻尾のところまで身がつまっているので

食べ応えもあります!!

そして、そのうっちんバターをたっぷりつけたお魚を

ごはんの上にのせて食べると、口の中に幸せが広がります。


デザートは迷いに迷いに「さんぴん茶プリン」をチョイス❤

ほんのりさんぴん茶の香りと表面をカリカリの砂糖でコーティングされたしっとり甘いプリンです!

糸満漁民食堂のある「糸満」は、海人(漁師)の町として知られており、

農家も多い地域なので、新鮮なお魚もお野菜も堪能できます。

本日のイマイユバター焼き以外にも、魚汁定食やいかすみ汁定食、魚の唐揚げ定食など

様々な沖縄料理を提供。

地元客から観光客にも楽しんでもらえるような味付けにしているそうです。

だから多くの方に愛され、オープンから5年以上たっても

行列が絶えないんでしょうね。


お店情報


糸満漁民食堂

住所:沖縄県糸満市西崎町4-17

電話番号:098-992-7277

営業時間:昼11:30〜15:00 夜18:00〜22:00

定休日:火曜日

駐車場:あり

HP:https://www.facebook.com/itomangyominshokudo


働く女性のキャリアを研究するWebメディア『UP BIJIN』

活躍女性のキャリアを読み進めることで、活きるヒントが見えてくる!! UP BIJINでは仕事や育児など、様々な場面で頑張る女性たちにインタビュー。 人生の選択・決断から見える女性たちの物語をぜひ、お楽しみください!

0コメント

  • 1000 / 1000