1/16募集締切!2017年泡盛の女王になって、全国へ沖縄・泡盛をPRしませんか?

(出典:泡盛の女王facebook)


こんにちは。

2014年泡盛の女王の新垣知加です(*゚▽゚*)


皆さんは

沖縄が好きですか??

泡盛が好きですか??


この質問の回答が「YES」の皆さん♪

泡盛の女王になりませんか??


今回は、先日から募集を開始いたしました「2017年泡盛の女王」について2016年泡盛の女王の阿波根あずささん、友寄美幸さんと一緒にご紹介したいと思います(^_-)-☆


泡盛の女王って何をやっているの??

(左:阿波根あずさ 右:友寄美幸)

1年間にわたり全国で開催される40回〜50回あるイベントに参加して、泡盛の魅力をPRするお仕事です♪♪

4月1日~3月31日まで、女王3人力を合わせて全国を飛び回ります!!


お仕事は「泡盛同好会」「沖縄フェア」でのPRがメインになりますが

そのほか、居酒産業展や県内での空港・観光施設などでの泡盛PR、地域のイベントに参加することもあります。


全国各地にある泡盛同好会が主催するイベントに参加し、泡盛のPRや乾杯の音頭、ゲームのお手伝い等を行います!!

泡盛好きや沖縄好きが集まる会なので、私たちの話をあたたかく聞いてくださいますし、お食事や歌・踊りなど、その土地土地の文化や芸能も堪能できるところも魅力です♪♪


写真のように最後は参加者とカチャーシーと踊ることも珍しくないです(๑≧౪≦)

また、全国で開催される沖縄フェアをミス沖縄と共に参加し、フェアの告知や魅力を各地域のTVやラジオ等で発信したり、イベント会場では大勢のお客様の前で泡盛のPRやゲーム等のお手伝いも行います(*゚▽゚*)

このお仕事は1週間近くの出張になることが多く、イベント前のメディアキャラバンでは朝から夕方までスケジュールがみっちり詰まっているので、体力と睡眠は必須ですww

また、泡盛を知らないお客様から素朴な疑問や質問を投げかけられることもしばしば。

答えられないとお客様に申し訳ないので、その土地や泡盛の予習はするようにしていました。


【2016年泡盛の女王へ聞きました!】


泡盛の女王になって「良かった」と思った瞬間は??そして大変だったことは??

阿波根:泡盛の女王は、沖縄県内だけではなく県外にも足を運び、泡盛のPR活動を行います。

私は、県外へ行った際は必ず、お客様に泡盛のイメージについて尋ねるようにしています。

すると、「度数が強い」「飲みにくい」「匂いがきつい」など、ネガティブな感想を持っている方も少なくありません。

確かに、製法技術がまだ発達していなかった時代は、飲みにくいお酒だったそうですが、時代と共に、泡盛も進歩しているんです。

(出典:泡盛の女王Facebook)

最近では、泡盛をベースにしたリキュールなど、カクテルのような味わいで人気の商品も増えてきています。そのことをお伝えしたあと、まずは一口、泡盛を試飲をすることを勧めると、「あ!泡盛、美味しい!」という反応が返ってくることがとても多いんです!「飲みにくいお酒」という固定観念を覆すことができた瞬間は、本当に嬉しくなります。

ただ、泡盛自体を知らないというお客様に対して、泡盛を知っていただき、手にとってもらうことは大変です!

沖縄では泡盛がどんなお酒なのか知られていますが、県外へ行くと「泡盛って、なに?」「原料は何からできているの?」という疑問を抱いている方も少なくありません。

だからこそ私は、会うお客様ひとりひとりに対して、毎回必ず、原料や特徴、歴史など、泡盛の基礎知識をお伝えすることを心がけました。

少しでも泡盛について知っていただき、興味をもっていただける工夫を重ねることが、泡盛を手に取ってもらいやすくなることに繋がるからです。


友寄:良かったなと思う瞬間は伝えきれないくらい沢山あります!そんな素敵な思い出の中で、まず頭に浮かんで来るのは 全国で出会った皆さんの素敵な笑顔です。全国に、こんなにも沖縄が好き!泡盛が大好き‼︎という方が沢山いる事にびっくりしましたし、本当に感動しました。

(出典:泡盛の女王Facebook)

沢山の素敵な出会いをくれた泡盛に本当に感謝しています。

大変だったことも沢山あったと思うんですが…素敵な事が盛り沢山すぎて思い出せません笑

1つ絞り出すとしたら、出張の時は長くて1週間程 本業の仕事を休まないといけないので その調整が難しかったです!今年は2人で動いていた事もあり、出張の回数が多かったので…

ですが、その分思い出も多く 出会いも多く もう少しで女王の任期が終わると思うと泣きそうになります笑


泡盛の女王の選考会に向けて準備したことはありますか??

阿波根:選考会の前は、泡盛がどのように作られているのか、歴史や文化などを知るために、各酒造所を巡り、工場見学をしましたよ!

調べたことを踏まえて、自分なりに、もし泡盛の女王になったらどのようにPRするかなども考え、ノートに全て書き起こし、大切に持ち歩き何度も読み返しました。

また、ミス沖縄時代に知り合った、2014年度泡盛の女王の新垣知加さんにもお世話になりました!

泡盛BAR「泡盛倉庫」で、知加さんやオーナーの比嘉さんにお話を伺いながら、泡盛の知識や泡盛の女王の活動内容について学ぶことができました。


選考会では、私はエントリーNo.1だったので、ものすごく緊張したのを覚えています。ただ、トップバッターだったからこそ、「ここで空気を掴むぞ!」というのは意識していました。そして、心からの笑顔で「なぜ泡盛の女王に応募したのか?」という志望動機を丁寧に力強く話せるよう心がけていました。


友寄:泡盛と自分の出会いや、泡盛への思いを簡潔にしっかり伝えるにはどうしたらいいか!という自分の気持ちや言葉の整理に1番 時間がかかりました。私は人前が苦手というか嫌いで、よく応募したなぁと自分でも思うくらい…笑 なので、ちゃんと言葉をまとめないと、本番あがって話せなくなるので そこに、力を入れました。それでも本番はあがってしまい、最終の公開審査では10秒ほど無言で笑ってるだけの時間がありました笑

未来の泡盛の女王へメッセージをお願いします!

阿波根:「泡盛の女王は、お酒が強くないとなれないの?」とよく尋ねられるのですが、全くそんなことはありません。20歳~30歳までの県内在住の沖縄が好きな方、泡盛が好きな方であれば、どなたでも応募できますよ!


私自身、泡盛の女王として活動し始めた頃は、知識や経験が足りず、なかなかPRがうまくできませんでした。

しかし、お客様と話をしたり、蔵元の皆さんと接していくなかで、泡盛のことについて分かることが少しずつ増えていきました。皆で協力して泡盛を伝えていくことが大切なのだと、日々感じています。

この仕事を通して多くの出会いがあり、特別な経験がたくさんできます!

あなたのご応募、お待ちしています(^^)


友寄:沢山の素敵な出会いが宝物になります!

人前や目立つ事が得意ではないけど 沖縄が好きで泡盛が大好き!という気持ちがあれば私の様に奇跡が起こるかもしれません!

私も期限ギリギリまで悩み 最終日の夜に中央郵便局まで持って行き応募したので、エントリー番号も最後でした。

他のミスの皆さんや親善大使の皆さんとは違う経験ができる泡盛の女王。


この経験は一生の宝物になります。

応募するか迷っている方もいらっしゃると思います。迷わなくていいです!応募しないなんてもったいないです!!

ぜひ、ご応募おまちしております!



2017年泡盛の女王の募集情報はこちら


【応募資格】

1.沖縄県内在住の20歳から30歳までの女性。既婚、未婚、自薦他薦は問いません。

2.2017年4月から1年間に亘り、主催者が指示する公式行事に参加できる方。

(県内外で開催される公式行事にて泡盛をPRする仕事/頻度は月に1~3回程度)

【提出書類】

専用応募用紙に必要事項を記入し、最近1年以内に撮影した全身写真(L版)を添付して、下記の申込先までご郵送ください。応募専用チラシ、もしくは沖縄県酒造組合のホームページ【泡盛百科】より応募用紙をダウンロード下さい。

(応募用紙)PDFダウンロード

(泡盛百科)http://www.okinawa-awamori.or.jp/

【募集締切】

2017年1月16日(月)※必着

【申し込み先】

〒900-0001 那覇市港町2-8-9 沖縄県酒造組合「泡盛の女王選出大会」係

【審査日程】

【一次審査】2017年1月22日(日) ※応募者全員対象

【最終審査】2017年2月12日(日) ※公開審査。観光客による一般投票も実施。

【審査方法】(3名選出/3名とも同格)

観光客による一般投票と、審査員による採点で決定します。

【表彰】

認定書交付副賞(100,000円・五升壺・東京往復航空券一名様分) 

【お問合せ先】

沖縄県酒造組合TEL:098-868-3727 (平日10時~17時)


泡盛の女王Q&A

泡盛の女王は副業オッケーですか?

私達の時はオッケーでしたが、泡盛の女王の制服を着て個人的なイベントやメディアに出ることはNG でした

泡盛の女王はお給与はもらえますか?

謝礼金としてもらえます。

元泡盛の女王や他のミス達と交流はありますか?

あります。元泡盛の女王や各地域のミスが集まる会を定期的におこなっているので、情報収集に活用してください。同じ境遇にいた先輩や仲間達の存在はとても大きいと思いますよ。



泡盛の女王での経験は私達、歴代女王にとってもかけがえのないものです。

全国を駆け巡り、地域の方と触れ合い、大好きな沖縄・泡盛をPRでき、たまに地方の美味しい郷土料理を堪能できる(^^)/


そして、何より、切磋琢磨し、心から信頼し合える同期と出会える「泡盛の女王」


少しでも、興味があるという方。応募しようか迷っている方。

今、応募するか決めなくてもいいです!

まずは、エントリーシートをダウンロードしてみませんか。

そこから世界はきっと、変わるはずです!!!


2014年泡盛の女王

新垣知加

働く女性のキャリアを研究するWebメディア『UP BIJIN』

活躍女性のキャリアを読み進めることで、活きるヒントが見えてくる!! UP BIJINでは仕事や育児など、様々な場面で頑張る女性たちにインタビュー。 人生の選択・決断から見える女性たちの物語をぜひ、お楽しみください!

0コメント

  • 1000 / 1000