【話題沸騰中★逃げ恥】平匡さんとみくりの恋が成就するためには、平匡さんの自尊感情にかかっている!!

TBS系火曜日10時ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。

もう言うまでもありませんが、今年1番のヒット作品。

毎回視聴率は右肩上がりで、火曜10時枠では歴代トップだそうです。

そんな、逃げ恥にかくいう私も大ハマリ中。


TVにかじりつきすぎて、気づいたらTVとの距離50cm(良い子はマネしないでねw)


みくりを演じるガッキーと平匡さん演じる星野源さんに毎回ムズムズキュンキュンさせられ、ここ2ヶ月間、悶絶状態が続いております笑。


そんな模様は世界中にも広がりを見せ、


乙女w


そして、エンディングで披露されるガッキーをはじめ出演陣の「恋」ダンスが可愛すぎると全国各地で「恋ダンス踊ってみた」動画がYouTubeでアップされる。

社長や芸能人、人気YouTuberもこぞってカバー。


人気YouTuber「怪盗PINKID/ピンキー」

お笑い芸人「千鳥・ノブ」


このように、社会現象まで引き起こしている逃げ恥ですが、


前回放送の第7話ラストシーンでは、ムズムズしすぎて、体が痒くなったという方も多いはず。




お互い好意はあると気づいているのに、急ブレーキがかかってしまう。


その大きな原因は、

「平匡さんの自尊感情の低さ」


30年以上、「プロの独身」で築き上げられた平匡さんの壁は高く、この自尊感情の低さをどうにかしないとこれ以上前に進みませんヽ(;▽;)ノ


自尊感情とは、(self-esteem:セルフ・エスティーム)自己肯定感とも言いますが、自分自身を価値ある人間だと感じる感覚です。

自分を好きだと思える気持ち、または大切に思える気持ちで、自信と言っても良いでしょう。


この自尊感情が、こと恋愛において低すぎる平匡さん。


じゃあ、どうすればいいのさ??


自尊感情の低い方の特徴として、「自己批判」「自己攻撃」が挙げられます。

例えば、イケメン風見さんのことをみくりが「イケメンですね」と言うシーンで、

どんどん落ち込んでしまった平匡さん。

平匡さんの心の中はきっと、「どうせ、自分はイケメンじゃないから・・・」

と自己批判をしてしまっていたと思われます。


何かあるごとに、「自分のせいかも」「自分が悪い」「自分なんて」と自分自身を傷つけてしまうことで、自尊感情はどんどん低くなってしまうのです。




なので、自尊感情を高めるためにはこの「自己批判」「自己攻撃」に反論していく!です。(承認するともいいます)




・イケメンの風見さんが褒められていたら、

「自分はみくりさんに一番好きと言われたから大丈夫」


・「自分が嫌い」と思った時は

「でも自分にも良いところはある」と問いかけてみる


・「自分は価値のない人間だ」と思った時は、

「価値のない人間なんて一人もいない」と思ったり


自己批判・自己攻撃をしても、反論を繰り返すことで思考が変わり、行動・言動が変わり自尊感情も高まる!(平匡さんならできる!)


だって、キスできたじゃない(*^^*)
(手を繋げとは思ったけど、あそこまでやれとは言ってない笑)

日本人は世界の先進国に比べて自尊感情が低くいというデータもあるそうです。知らない間に「自己批判」「自己攻撃」を繰り返して自分自身を傷つけてしまっているのです。
もちろん、私も自尊感情低めです。

なので、一度は受け止めて(自己批判)、その上で反論(承認)し、自分を可愛がることが大切なのではないでしょか。


と、かなりざっくり解説ですが、


願いは一つ。


2人の恋が叶うこと。

(プロの独身を卒業すること)


来週の火曜日で第8話。予告ではみくりが実家へ帰ってたよヽ(;▽;)ノ

どうする平匡さん!!!


chika






働く女性のキャリアを研究するWebメディア『UP BIJIN』

活躍女性のキャリアを読み進めることで、活きるヒントが見えてくる!! UP BIJINでは仕事や育児など、様々な場面で頑張る女性たちにインタビュー。 人生の選択・決断から見える女性たちの物語をぜひ、お楽しみください!

0コメント

  • 1000 / 1000